東京都新宿区にあるNPO法人 白十字在宅ボランティアの会はボランティアをしたい人と利用したい人の橋渡しを行っております。

30年後の医療の姿を考える会

30年後の医療の姿を考える会 第9回市民公開シンポジウム
メディカルタウンのヒューマンサポート
とまどったとき 自分で歩け出せるよう 一緒に
【詳細は画像をクリックしてご覧下さい↓↓↓】
治療法が進歩しさまざまな相談支援サポートが充実してきたおかげで、病気とつきあいながら元気にスムース に暮らせるようになってきました。それでも、ちょっと気になること、病院でも家でも話しづらいこと、持って 行き場のない思いに戸惑うときも...
そんな時に素直な自分でいられる自由な場があり、そこでしばしほっとし て、もう一度自分で歩き出せるようになるヒューマンサポートとは?病院と家庭のあいだにある自由な場、がん哲学外来、電話相談、暮らしの保健室など様々なチャレンジをお聞きしながら、ご一緒に考えてみませんか。
 
プログラム
はじめに
30 年後の医療の姿を考える会 会長 秋山正子
基調講演
対話から生まれるヒューマンサポート〜みんくるカフェの取り組みから〜
孫 大輔 [日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医 みんくるカフェ主宰]
診察室での医療者と患者のコミュニケーションにはさまざまな制約があります。 相手を深く理解し関わり方や振る舞いを省察する「対話」は、ヒューマンサポー トの基礎。病院の外で、「白衣」をぬいだ専門職と市民・患者が「対話」するカフ ェ型コミュニケーションによるヒューマンサポートの可能性を探ります。
パネルディスカッション 私たちの挑戦から見えてきたこと
西村元一 [金沢赤十字病院 副院長] 金沢の町でがん哲学外来、1 日マギーズの試み
高橋敏子 [保健同人社 相談部部長] 電話健康相談 20 年の中で感じること
秋山正子 [暮らしの保健室 室長] 地域で見えてきた“新しい相談支援のかたち”
コーディネーター 中村順子[秋田大学地域看護学分野教授
がん哲学外来のめざすもの
樋野興夫 [30 年後の医療の姿を考える会顧問 順天堂大学医学部教授]
   
今年は新しい会場で、ご参加お待ちしています!
日程
2015年2月22日(日) 14時00分〜17時00分  開場13時30分
会場:
プルデンシャルタワー1階ロビー
参加費:
1,000円 学生500円 当日会場で
定員 150 人
問い合わせ・申し込み先:
暮らしの保健室まで、メールでお願いいたします。
暮らしの保健室:hokenshitu@kjc.biglobe.ne.jp
  主催:
30 年後の医療の姿を考える会 暮らしの保健室 NPO 法人白十字在宅ボランティアの会
後援:
一般社団法人がん哲学外来 がん哲学外来市民学会 日本臨床倫理学会 毎日新聞社 朝日新聞社(予定)
協賛(昨年実績):
日本医業経営コンサルタント協会東京支部

back.jpg
NPO法人 白十字在宅ボランティアの会
〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町2-7 ディアコート砂土原204
Tel:03-5935-7708 FAX:03-5935-7708
Copyright(C)NPO法人 白十字在宅ボランティアの会. All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます】