介護ボランティアを行いたい人と利用したい人の橋渡し|東京都 白十字在宅ボランティアの会

ごあいさつ


理事長 秋山 正子

 

理事長 秋山 正子(あきやま まさこ)

株式会社ケアーズ白十字訪問看護ステーション代表取締役、所長。
1973年聖路加看護大卒業後、産婦人科病棟での臨床経験を経て看護教育に携わる。
1992年より医療法人春峰会白十字訪問看護ステーションに勤務。
2001年有限会社ケアーズを設立、現職に。


東京都新宿区を中心に訪問看護・居宅介護支援・訪問介護事業を展開し、「白十字在宅ボランティアの会」「30年後の医療の姿を考える会」のほか、東京女子医大非常勤講師や新宿区介護サービス事業者協議会副会長としても活躍。


障害があっても、病気があっても、たとえそれが治らないと分かっていても、住み慣れた地域で暮らしたい。その思いを大切に、その人の生き方を尊重し、その人らしく人生を全うすることを支えたい。しかし、現行の医療保険や介護保険のサービスだけでは十分に実現することが出来ません。

在宅ホスピスケアに積極的に取り組んできた白十字訪問看護ステーションの活動を助けるために、これまでも多くのボランティアの方が関わって下さいました。それらの方が安心して活動できる拠点を確立したい思いからNPO法人を設立しました。

ボランティアを積極的に養成し、活動できる人を増やして行きたい、そして地域でケアを受けている在宅療養者が、その人らしく暮らすための「楽しみ」や、その人生を支える家族の「休息」など、『その人の人生を豊かにするためのお手伝い』をしたい。それが、私たち白十字在宅ボランティアの会が目指しているもの です。

NPO法人 白十字在宅ボランティアの会
理事長 秋山 正子
NPO法人 白十字在宅ボランティアの会
〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町2-7 ディアコート砂土原204
Tel: 03-5935-7708 FAX:03-5935-7708
Copyright(C)NPO法人 白十字在宅ボランティアの会. All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます】